悲しい堕胎を経験する前に適切な避妊の情報を入手する

若い層に多い望まない妊娠。
望んでない上に子供と生活していく基盤も無い事から安易に堕胎に走るケースが増えています。
妊娠するという事は、女性の身体に大きな負担となる事です。
まして幾度となく人工的に堕胎すると将来的に子供を望んだ時には授からないというケースもあります。
若年層は性への興味は多いが妊娠・堕胎の知識に欠ける場合が多く、深い考えも無しに悲しい体験をする少女たちが後を絶ちません。
妊娠を望んでないのなら、パートナーと協力し合って避妊する事を考えねばなりません。
では避妊と言って思いつくのは何でしょうか。
男性側のコンドーム使用です。
一番手軽に出来る避妊法の一つがこれです。
コンドームを使用する事により、妊娠のみならず性感染症を防ぐ事も可能ですから、是非とも使ってもらいたい避妊具の一つであります。
ただしコンドームだけの成功率は100%ではありません。
女性が望まない妊娠から身を守るためにはピルの入手も考えた方が良いでしょう。
しかしピルは内服薬ですから、多少の副作用や弊害が出る事もあります。そして持病等に関わる薬を服用している時には併用出来ませんし、喫煙される方のピル服用も出来ません。
婦人科医とよく相談の上服用するかどうかを決めなくてはなりません。
いろんなケースで妊娠してしまう事もあるでしょうが、避妊がうまく行かずに性行為をしてしまった場合の最終手段として緊急避妊アフターピルというのも存在します。
性行為後に飲むタイプのピルです。
吐き気などを感じる事もありますが、最近のアフターピルは副作用が少なくなるように改善されています。
緊急用なので多用する事は出来ませんが、最終手段の方法だと覚えておきたいものです。

トップページへ