経口避妊薬による経血量や苦痛の減少

ピルと通称される経口避妊薬は、単に口から飲むだけで避妊ができるという、女性にとっては画期的な効果効能をもつ医薬品といえます。
通常のピルであれば、1日につき1回、1錠を飲むことを毎日続けていれば、その成分である卵胞ホルモン、黄体ホルモンが体内にとりこまれることになりますので、これが排卵を抑制するなど、妊娠を阻止する方向での作用を発揮します。
また、もしも避妊を中止したいという場合には、毎日錠剤を飲むのをいったん中止するだけでよいというのも、ピルの大きな特徴であるということができます。
避妊用のピルには、そのほかにもいくつかの効用があることが知られていますが、そのひとつとして、生理痛や生理のときの出血があまりにもひどすぎてなにをするにも支障が出るという月経困難症の緩和が挙げられます。
月経困難症は、生理のときの子宮の収縮や痛みがホルモンのはたらきで過剰になってしまうというところに原因があります。
ピルのもつ成分には、これらを緩和するようなはたらきも含まれているため、月経困難症の治療目的でも十分に利用することができるのです。
子宮内膜が厚くなったものが剥がれ落ち、外側に出てきたものが生理の際の経血ですが、ピルを服用していると、この子宮内膜が厚くなるということもなくなってくるため、経血の量についても、以前より減少するか、またはほとんど出なくなるという変化が生じます。
ただし、ピルには副作用があることが確認されており、特に吐き気、嘔吐、腹痛、頭痛などはよくあるものですので、逆に服用によってかえってつらくなってしまったときには、遠慮なく医師に申し出たほうがよいといえます。
この場合、ピルの銘柄を別のものに変えるか、またはピルの服用そのものをしばらく中止してようすをみることになります。

トップページへ