避妊薬を飲んでいるとホルモンの影響で脱毛できない?

避妊薬であるピルは、継続的に服用することで避妊効果を得る薬であり、最近ではpmsや月経困難症、更年期障害などの症状の軽減にも効果があるとしてその治療のために服用している人も増えています。
ピルを日常的に服用している人にとって、脱毛サロンや美容クリニックなどで脱毛できるかどうかというのは気になるところではないでしょうか。
結論から言ってしまうと、ピルを服用していても脱毛することは可能なのですが、店舗やクリニックによっては断られることもあります。
実際、ピルを服用していたら本当に脱毛はできないのでしょうか。
ピルを服用していたら脱毛を断られる真相については、次のようなことが理由にあるようです。
一つは、服用によって毛量が変わることと、ピルを服用していると稀に色素沈着を起こすということです。
ピルを服用すると、体内の女性ホルモンが増えるのでホルモンバランスが整えられる効果が期待でき、そのおかげで様々な体や心の不調も改善していきます。
同時に、女性の体内でも微量に分泌されている男性ホルモンの分泌が抑制されます。
男性ホルモンには、毛量を増やしたり体毛を濃くする作用があるため、ピルの服用によってその状態が抑えられていると本来の毛量がわかりにくいという理由から断られることが多いようです。
また、色素沈着に関してはまれに起こることもあり、脱毛サロンやクリニック側として避けたいリスクということもあるのかもしれません。
そして、ピルを服用していると断られる真相の一つに、何が起こるかわからないからとりあえず断る、という理由も存在します。
確かに、人によって肌状態というのは変化しますので、万が一トラブルになった場合のことを考えてあらかじめ断るということもあるのかもしれません。
あとは、ピルを服用することを優先するのか、とりあえず服用はやめて脱毛を先に行いたいのかは本人の好みになりますので、検討してはいかがでしょうか。

トップページへ