飲み薬よりも負担が少ない抽出する避妊法

今日においては、以前よりも妊娠できないカップルが増加していると言われています。
これまでは、若いカップルの場合、いかに確率の高い避妊方法を行うかということが論点でした。
しかし、昨今ではいかに妊娠できるかということに話題が切り替わってきているのです。このように、妊娠できないことに悩む方々というのは、7組に1組の割合で存在するとされています。
不妊治療を行うタイミングというのは、個々により異なりますが、通常35歳を超えていて避妊していないのにも関わらず、妊娠できないという場合に、治療を開始すべきであると言われています。
年齢が高まってしまうほど、成功率が低くなってしまうので、できるだけ早い段階で決断する方が良いでしょう。
治療は、分泌物から成分を抽出するだけなので、難しくない上に痛みも伴いません。そのため、痛みに弱い方であっても、身体に負担を負うことなく検査を受けることができます。そこで、行うべきなのが、西洋医学に基づいた治療方法です。
最も一般的な方法がタイミング法というものです。
避妊をしていないのに、一向に子供が授かれない場合にクリニックに訪れると、高確率でタイミング法が指導されます。
早い段階で飲み薬などを服用する方法ではないので、患者も不安を感じにくいというメリットがあります。
分泌物の内容物を調査し、次回の生理を予測します。
予測した日を目安として、パートナーと夜の営みを行ってもらうことで、妊娠を誘発します。
タイミング法に次いで身体に対するダメージが少ないのが、人工授精です。
事前に採取しておいた分泌物を注射器などを用いて母体内に注入することにより、様子をみるということです。
この他の方法では、比較的身体に負担がかかりやすいと言われています。

トップページへ